出産祝いのマナーについて知っておくべきポイント

赤ちゃん

出産祝いにも祝福する側としてきちんとしたマナーがあります。失礼な行為になってしまわないようにマナーに関しても気を配っておきたいものです。

そこで出産祝いのマナーについて知っておくべきポイントを紹介したいと思います。

お祝いに駆けつけるタイミング

よっぽど親しい仲で、相手のほうから呼ばれない限り、出産中に病院を訪問するのは避けておいた方がよいでしょう。

出産直後はママも疲れていて、きちんと休養を取ることが大切ですので、お七夜を過ぎてから1ヶ月くらいまでの間に相手のお宅を訪問するのが、お祝いのタイミングとしてはベストではないでしょうか。

また、出産後しばらくは赤ちゃんにとってデリケートな時期なので、あまり長居するのは避けておいた方がよいでしょう。

祝い金の祝儀袋について

祝儀袋の表書きには、「御出産御祝」、「御安産御祝」と書きましょう。水引には「紅白の蝶結び」を使います。

お札はピン札を用意して、『4』(死を連想させる)や『9』(苦を連想させる)の数字は避けるようにしてください。

出産祝いが遅れてしまった場合

出産祝いとしては、お七夜を過ぎてから1ヶ月くらいまでの間がベストですが、1ヶ月以上過ぎてしまった場合も半年以内であれば出産祝いとして特に問題はないと思います。

遅れてしまった旨のメッセージを添えて出産祝いを贈れば、きっと喜んでもらえるでしょう。

ベビー服などの出産祝いの贈り物について

ベビー服は出産祝いの贈り物として非常に喜ばれるアイテムですが、サイズ選びを失敗すると赤ちゃんの成長が早く一度も着用できないままということもあります。

新生児は特に成長が早いので、ベビー服のサイズに関しては、少し大きめの物を選ぶように心掛けてください。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る