出産祝いとして、祝い金を贈るときの一般的な相場・注意点

小さい靴下

出産祝いとして、贈り物ではなく祝い金を贈る方も多いと思います。では一体どのくらいのお祝い金を贈るのが良いのでしょうか?

出産祝いの一般的な相場と、出産祝い贈る際の注意点について紹介します。

一般的な出産祝い金の相場

一般的な出産祝い金の相場は、以下のような感じです。

  • 兄弟・姉妹への出産祝い
  • 10,000円程度
  • 親戚への出産祝い
  • 10,000円程度
  • 友人への出産祝い
  • 5,000円程度
  • 会社の同僚への出産祝い
  • 5,000円程度

    お祝いする方との関係性によっても変動しますが、だいたいはこのような感じだと思います。

    出産祝いの祝い金について

    一般的な祝い金の相場を記載しましたが、地域や相手の方との付き合いの深さで変わってくるので、他の人と相談してお祝い金を決めるのも良いと思います。

    また他の人と一緒に合わせてお祝い金を贈るのも良いでしょう。

    祝い金を贈る際の注意点

    祝い金を用意する際は、銀行でお札を交換してもらうなどして、きれいなピン札を用意てください。

    また数字に関して言えば、『4』(死を連想させる)や『9』(苦を連想させる)の数字の入ったお祝い金は避けるようにしましょう。

    祝い金を渡す時期について

    祝い金を渡す時期については、お七夜を過ぎてから1ヶ月くらいまでの間がベストだと思います。

    出産直後は、よっぽど親しい仲で、相手から病院に呼ばれた場合でなければ、退院後に祝い金を渡した方がよいでしょう。

    間違っても出産前に祝い金を渡すようなことは避けてください。母子共に健康な出産でなければ大変失礼な行為になってしまいますので注意してください。

    祝い金を贈るときの相場・注意点のまとめ

    祝い金を贈るときの相場・注意点をまとめると以下のようになります。

    • 祝い金の相場は贈る相手との関係性によって変わってくる
    • 「死」や「苦」を連想させるような数字のお祝い金を避ける
    • 祝い金を渡す時期は、お七夜を過ぎてから1ヶ月くらいまでの間がベスト

    どんなに仲が良いからといっても、相手の家族に入り込むようなことはせず、節度を守ったお祝いをしてあげるように心がけてください。

    関連記事

    おすすめ記事

    ページ上部へ戻る