小学生の低学年と高学年によるプレゼントの好みの違い

子供

小学生へのプレゼント選びで難しい点といえば、低学年と高学年でプレゼントに対する好みが変わってしまうということです。

子供が低学年のときに喜んでもらえたプレゼントが、高学年の子供にも喜んでもらえるとは限りません。

プレゼントを選ぶときには、子供が欲しいと思っている物を選ぶことはもちろんですが、学年・年齢による好みの違いについても考えておいたほうがよいかもしれません。

低学年の子供には、楽しさを重視してプレゼントを選ぶ

小学校低学年の子供へのプレゼントであれば、アイテムの実用性よりも、直感的な楽しさを重視して贈り物を選んだほうが喜ばれることが多いです。

小学校低学年くらいの子供だと、ファッション的に対する興味が薄い子供が多いので、財布や時計など実用的なアイテムのプレゼントはあまり好まれないかもしれません。

テレビゲームやキャラクターグッズなど、子供にも分かりやすくアニメなどの世界観に入り込めるようなアイテムのほうが、低学年の子供にとっては嬉しい贈り物になります。

高学年の子供には、「楽しさ」か「デザイン」かを選ぶ

小学校の高学年になると、プレゼントに対する好みが変わってしまう場合が多いです。低学年のときの喜んでもらえたプレゼントではもう通用しない可能性もあります。

子供は興味の移り変わりが早いので、その都度どんなことに興味を示しているのか把握しておくことが大切です。

子供が「楽しさ」を求めているのであれば、楽しくなるような贈り物を。音楽やファッションに興味を示すようになっているのであれば、子供っぽい玩具などは避けたほうが無難でしょう。

周りの環境によるプレゼントに対する好みの違い

同じ小学生でも、「一人っ子」と「兄弟・姉妹持ち」ではプレゼントに対する好みが変わってくるかもしれません。

どちらかといえば、年上のお兄さんやお姉さんがいる子供は、少し大人びたアイテムを好む傾向があります。

年上の兄・姉がいる子供にとって、自分ばかり子ども扱いされたくないという思いが強くなるようです。

低学年と高学年によるプレゼントの好みの違いのまとめ

低学年と高学年によるプレゼントの好みの違いをまとめると以下のようになります。

  • 小学校低学年の子供には、直感的な楽しさ重視でプレゼントを選んだほうが喜ばれる
  • 小学校高学年の子供には、子供の感情に合わせたプレゼント選びが必要になる
  • 年上の兄や姉がいる子供には、少し大人びたアイテムのほうが好まれるかもしれない

これらのことが全てではありませんが、低学年の子供には低学年向けの贈り物を。高学年の子供には少し中学生よりのプレゼントを贈ったほうが喜ばれるかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る