結婚式のスピーチ・余興で注意しておくべきポイント

結婚式場

友人の結婚式にスピーチを頼まれる場合があります。大勢の前でスピーチする事を敬遠される方もいらっしゃいますが、スピーチは親しい仲の人にしか頼まないので、とても光栄なことです。

二人の新たな門出を祝って心に残るスピーチを贈りたいものですね。

結婚式のスピーチについて

スピーチは一般的に3分~5分程度が目安です。どんなに良いスピーチでも長すぎると周りの方も飽きてしまうので気をつけてください。

「どんな言葉にするのか全く浮かばない」という方は、スピーチに関する本を一冊購入して参考にしてみるのも良いかもしれません。

スピーチを考える際に注意すべきことは、『過去の恋愛話を取り入れない』という事と『暗くなるようなお説教は避ける』ということです。

せっかくの晴れ舞台ですので、相手の雰囲気を変えてしまうような発言は避けるようにしてください。

緊張して話す言葉を忘れてしまうかもしれないので、スピーチを書いたメモはちゃんと用意しておいてください。

ことわざや格言をスピーチに取り入れる場合は、意味が間違っている可能性もありますので、前もって正しい使い方なのか調べおいた方がよいでしょう。

一歩間違うとお祝いに向かない言葉を使ってしまう場合もありますので注意してください。

結婚式の余興について

余興は披露宴を盛り上げるうえで重要な役割です。

結婚式の余興といえば「てんとう虫のサンバ」を歌うなど定番のモノから、オリジナルのダンスを踊ったり、楽器を演奏しながら歌うなど、その演出は様々でが、どんな余興であれ上手く披露宴を盛り上げたいものです。

余興での注意点としては、盛り上げようとしすぎてあまり羽目を外さないようにしてください。余興の時間についても予め決めておいて、長くなりすぎないように注意しましょう。後の人も考えて早めにスタンバイしてください。

また余興は親しい友人が行うのでついやってしまいがちですが、極度の身内ネタは周りの出席者が楽しめないので控えておいたほうがよいでしょう。

新郎新婦はもちろんのこと、他の出席者も楽しめるような余興を用意するようにしてください。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る