招待状への返事や、ご祝儀袋の種類などのマナーについて

結婚式

結婚式の招待状への返事や、ご祝儀袋の種類など、結婚祝いに関する一般的なマナーを紹介します。

初めて結婚式に参加される場合などは、相手方にとって失礼のないように、よろしければ参考にしてみてください。

結婚式の招待状への返事について

結婚式の招待状には返信はがきが入っていると思います。招待状が届いたら、早めに返信はがきを送るように心掛けてください。

早めに返事が来ないと、披露宴の料理や引き出物の手配に困ってしまいます。どんなに遅くても一週間以内には返事を出したほうがよいと思います。

返事はがきの書き方について

返事はがきの書き方ですが、文字を書き直す場合は『×』や『黒く塗りつぶす』ことは止めて、棒線の二重線で消すようにしてください。

まず、宛名面では『行』を『様』に書き直します。出席するかどうかの確認欄では、出席する場合、『御出席』の『御』を二重線で消して、出席を丸で囲んでください。その下に出席する旨とお祝いの言葉を書き添えるとよいでしょう。

出席できない場合は、『御欠席』の『御』を二重線で消して、欠席を丸で囲んでください。その下に出席できない旨と、お祝いの言葉を書き添えてください。身内の不幸と重なった場合は、理由を書かないほうがよいです。

最後に『御住所』の『御』を二重線で消して、『御芳名』の『御芳』も二重線で消してください。

結婚祝いのご祝儀袋の種類ついて

結婚祝いのご祝儀袋には、一度きりという意味合いを含んだ「真結び」や「あわび結び」など『結びきり』の水引を用意しましょう。

蝶々結びの水引は、一般的に何度でもお祝いするという意味があるので避けておいたほうがよいです。水引の色は白黒以外のものを選びます。

紅白でもよいですが、格式高い結婚式の場合は金銀の水引を使ってください。

表書きには、ボールペンや万年筆ではなくて、筆ペンや毛筆を使うようにしてください。

文字の上手い下手などはあまり気にせずに、自分なりの気持ちを込めて書けば良いと思います。

結婚式場でのご祝儀の渡し方

結婚祝いのご祝儀は、受付をされている方のもとで渡します。一言「本日はおめでとうございます」と述べてからご祝儀袋を出し、用意されている芳名帳に名前と住所を記入してください。

ご祝儀を渡す際には、たとえ式に遅れてしまったとしても、本人に手渡しするのではなく、式場のスタッフに尋ねるなどして、受付の方に渡すようにしてください。

招待状への返事や、ご祝儀袋の種類などのマナーのまとめ

招待状への返事や、ご祝儀袋の種類などのマナーをまとめると以下のようになります。

  • 結婚式の招待状が届いたら、一週間以内に返事を出したほうがよい
  • 返事はがきの書き方には、様々なルールがある
  • ご祝儀袋の表書きには、筆ペンや毛筆を使うようにする
  • ご祝儀を渡す際には、本人ではなく受付の方に渡す

以上のことに気をつけて、招待状の返事を書いたり、ご祝儀袋を用意すると失敗は少ないと思います。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る