結婚祝いに包むご祝儀の相場はどれくらいなのか

ご祝儀

結婚式に招待された時、はじめに考えるのが「ご祝儀の金額をいくらぐらいにすればよいのか」だと思います。

一般的な相場というのは多少の誤差はありますが、だいたいは決まっているものなので、一般的な相場に合わせて用意するのが無難でしょう。

では結婚祝いのご祝儀として、一体いくらくらいの値段が相場なのでしょうか?

一般的な結婚祝いご祝儀の相場について

結婚祝いでのご祝儀の相場は、一般的に30,000円というが目安となっています。

年齢によっても変わってきますが、20代であれば20,000円~30,000円、30代以降になると30,000円~50,000円が相場となります。

相手の方との関係性が深いほど、結婚祝いの相場は多めに設定するとよいと思います。

兄弟への結婚祝いの場合、一般的な相場とは違い、50,000円~100,000円が目安となります。

結婚披露宴には参加せず、2次会のみ出席する場合には、同じ相場でも多少低めにご祝儀の予算を設定されてもよいかもしれません。

結婚披露宴に出席する返事をしたのに、急遽欠席せざるをえなくなった場合は、料理や引き出物に対するキャンセル料が発生するかもしれませんので、出席した場合と同等のご祝儀を用意するようにしてください。

本来、結婚祝いご祝儀というのは贈る側の「気持ち」次第ですので、相場と財布の中身と相談してきめてみてください。

友達と一緒に披露宴に参加する場合は、友達と相談して決めるのもよいと思いますよ。

ご祝儀を用意するときに注意点しておきたいこと

一般的に、偶数のご祝儀は「仲が割れる」という意味合いから縁起が悪いとされています。ですが20,000円のご祝儀に関しては、「2人」「1ペア」との解釈ができるため、特に問題ないようです。

もし不安であれば5,000円札を入れるなどして枚数を調節してもいいかもしれません。

数字に関して言えば、40,000円(死を連想させる)や90,000円(苦を連想させる)のご祝儀は避けるようにしましょう。

また、ご祝儀を用意する際は、銀行でお札を交換してもらうなどして、きれいなピン札を用意てください。

結婚祝いのご祝儀に関するまとめ

結婚祝いのご祝儀の相場や注意点をまとめると以下のようになります。

  • 年齢によっても変わるが、ご祝儀の相場は一般的に30,000円が目安になる
  • 不安であれば、出席する友達に相談して一緒に決めるのもあり
  • 偶数のご祝儀は「仲が割れる」という意味合いから縁起が悪いとされている
  • 数字に関して言えば、40,000円(死)や90,000円(苦)は避けたほうがいい
  • ご祝儀として用意するお札は、きれいなピン札を用意する

結婚披露宴に出席する場合には、2次会・3次会に参加する事も考えて、ご祝儀とは別に2次会・3次会への参加費用をきちんと用意しておいてくださいね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る